韓国出入国管理事務所の人の塩対応の理由が判明~窓口の人と喧嘩して仲直り編~




みなさんこんにちは、こりあゆです。

最近また用事があって出入国管理事務所に行ってきたのですが。

韓国で住んだ事のある外国人なら誰でも知っている事ですが、出入国管理事務所といえば、窓口の人の塩対応で有名ですよね。

塩対応くらいならまだ良いんですが、態度が凄く悪い上、人によっては適当。

正直私達はビザだったり外国人として生活していくための大事な手続きをしに行くのに、審査が通る通らない以前に窓口のせいでビクビクしながら向かいます(笑)

個人的にはオモッキョよりも世宗路の方が、駅近だし運が良ければ態度の良い人もいるのでまだマシかなと思っているのですが、

最近外国人の友達が就労ビザの件でしっかりぬかりなく準備して行ったのに、窓口の人の知識不足で申請すら出来なかったという事がありましたし(後日別の窓口で申請出来ました)

信頼しろと言われても何十回もこんな事があっては、信用しようにも…という感じの出入国管理事務所。

信用出来ないソースとして(笑)旧ブログの過去記事も一応貼っておきます→出入国管理事務所での出来事

 

そんな出入国管理事務所に行ってきたわけなんですが、

私は今までの事もあるし何度も何度も行くの嫌なのでちゃんと事前に1345(出入国管理事務所の案内センター)に電話をして必要書類を確かめてから行くようにしているんですね。

そして書類を準備して再度窓口に向かうと、なんか見覚えある人だなと思っていたら、

 

「あれ、あなた。なんだっけ名前、アユミだっけ?前も私の所来たでしょ?覚えてるよ、韓国語流暢だったから!」

 

と言われて、前回なんて数か月も前なのによく覚えてるなと(しかも大して韓国語も流暢ではない)物凄く吃驚したのと同時に私も思い出しました。

 

「ああ、この人・・・悪い人じゃないんだけどツンツンしてて他の窓口に比べてかなり書類に厳しい人だ・・・」

 

 

案の定、言われた書類以外の書類が必要になり、持ち合わせてませんでした。

追加書類が必要になる可能性があるというのは電話でも音声で流れるのでいつも仕方がないものだとは思いつつも、

電話で「必要ない」とハッキリ言われたものだったので私からしたら「え?」となって当然なわけで。

 

 

私「でも事前に電話で確認したら、要らないと言われました」

窓「何で?ここに書いてあるから言ってるんです。見る?わざわざ見せなきゃ納得してくれない?」

 

 

 

 

なんつー棘のある言い方wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

とりあえず先が詰まってしまうので、また後日来る約束をして一旦その場を離れて、本当にそうなのかと再度1345に電話して事情を説明すると、

「そんなはずはない、要らないはずだ」と言われる私。

そこでもしかしたら何かの間違いの可能性もあるし(最近友達が窓口のせいで申請出来なかった話もあったし)たまに頑張って押し通すと二度手間が要らなくなるって事もあるので、電話を切らずに窓口に行って今電話でこう言われてるんだと話すと、

 

 

こりあゆ、キレられる。

 

 

 

窓「電話してどうするんですか?その人は案内人で、私は公務員ですよ。私が処理するんだから私がダメって言ったらダメなんです!!!!!!」

 

 

 

いや確かにそらそうかもしれないんだけどさ・・・・キレる事ないじゃない。

もうどうでもよくなってきた私はその場を去り、電話で「そういう事らしいのでその情報間違ってるみたいですよ…」と告げて(そして絶対に間違っている事を認めず謝罪しない1345)とりあえず後日その窓口に行って再度申請することに。

 

同じところ行くの嫌だったんですが、予約せずに申請受けてくれるのって一度同じ窓口で予約せずに来て良いと許された場合だけなので仕方なく同じ窓口に行くと、

 

 

窓「アユミさん。こないだね、本当に気分悪かったです。案内人と電話したまま窓口戻ってきて、何で公務員の私が間違ってるみたいな事言われなくちゃいけないんですか?」

 

 

出入国管理事務所で、私は相手の感情をぶちまけられ怒られる。

 

 

私「私も失礼な部分はありましたし、私はあなたが公務員であることもわかってますけど、でも私はどうしたらいいんですか?間違った情報教えられて、2人の間で別の情報聞かされてる一般人なんですよ私は」

窓「あなたが被害者だっていうのはわかりますよ。だから私からも1345には電話して間違った情報を正しておきましたけど。でも正直私はかなり気分悪かったって言ってるんです。」

 

 

確かに私も失礼だったことは認めますが、私はただ2人の言ってる事が違ったから最終確認がしたかっただけであり、疑うだけの事が今まであって何度も二度手間になったということもわかってもらうために話し、

窓口の人はそれはわかってるけど相当気分悪かったことをわかってほしいとこんな感じの話をしばらくしながら書類準備。

 

 

※ここは出入国管理をする場所です

 

 

そして一通り喋った後、なんとか普通の雰囲気に戻り、

 

 

だんだん窓口の人が仕事の愚痴を漏らし始める。

 

 

窓「え!?なんでここにさっきの人のパスポートがあるわけ!?持っていけって言ったのに何で持ってってないの!?はぁ…いっつもこれよ、毎日毎日こんな事ばっかり!!!」

私「ほぅ・・・・」

窓「あ!!!!外国人登録証も置いてってるじゃない!!!私達ここから出られないから、これ今そこから出ようとしてる日本人のだから渡して来てくれない!?ごめんね!???!」

 

 

 

 

 

私何係

 

 

 

 

 

 

窓「はあ‥‥いっつもこうだ、毎日毎日。私達ね、ここが終わる時間5時でもそのまま帰れないの。毎日毎日11時まで残業して帰って、朝出勤して…もう毎日辞めたいと思いながら仕事してる。」

私「な、なんかすんません…」

窓「いやあなたにどうってんじゃないじゃない。もう仕事の量が多くて、帰れなくて、私達だって好きでこんな厳しくやってんじゃないのよ。疲れ果てて、もう、毎日辞めたいブツブツブツブツ」

 

 

今まで私達外国人の立場だけで考えてきたけど、窓口の人も相当疲労MAXな中で仕事してるんだなと改めて思って、今回の件は少し反省しました。

毎日11時まで残業されてるのは知らなかった…

いくら私情を仕事に持ち込むのはなんたらとは言え、そら人間なんだから睡眠も十分でなくて言葉のあまり通じない外国人相手にミス許されない仕事してるんだから朝から対応があれなのも納得だわ。

(まあ正直そんな事知らずに窓口に行く私達はただ冷たい人達、嫌な感じ!と誤解しても仕方ないわけなのですが)

 

韓国に限らず、外国人として生活していると…どうしても立場が弱くなる時があります。

だからこそ「本当は違うのに何も言えなかった…」なんて事がないよう、せめて誤解のないよう、不利な状況にならないように自己主張がしっかり出来るようにならなければならず、

私は元々何も言えなくなってしまう性格だったのが、だんだんそのままだと外国では特に自分ばかり損をする事が分かってきて、親や彼氏等頼れる人が現地にいない私は自分が強くなるしかなくそれが出来るようになってきたのですが、

 

主張も程々にしようと思った一件でした。←

 

あちらの立場でもそりゃあ、気分悪かっただろうなあ、私は私でいやどっちなのってなるし気分悪かったのも事実ですが(笑)

今回の件はまあ、上で書いた自己主張とはちょっと違いますけどね…。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!Instagramのストーリーは毎日更新中です。




ABOUTこの記事をかいた人

こりあゆ。1993年6月11日生まれ。海外生活7年目、韓国生活6年目。2009年冬16歳の頃、韓国語を独学で勉強し始め半年後高校の夏休みを利用し1カ月短期留学。それからも独学で中高級まで終わらせ、高校卒業後18歳で渡韓。2012年9カ月間延世大学語学堂に通い卒業、2013年キョンヒ大学に正規入学し文化コンテンツ学専攻。夏休みを利用しフィリピン短期留学や、大学を休学しカナダ留学を経て、現在韓国で4回生をしています。