昔韓国で家賃が払えずに最終手段を取った時の話




みなさんこんにちは、こりあゆです!

今日は2015年12月頃にも「こりあゆぶろぐ」の方に軽く書いていた記事ではあるのですが、同じような状況になった時に留学生の皆さんが使える方法だと思うので編集し直して記事をあげます!

 
それは、カナダ留学を決めて、韓国の大学で3回生をしながらまた他の外国への留学準備を進めていたため、予想外の出費が続いていた時期でした。

留学手続きだけでも健康診断だったりビザ取得があって思っていたよりも結構現金が必要で、お金を日常生活の方に回そうと思うと、

韓国を離れるまでの最後の2ヶ月分の家賃が危うい。

ギリギリ払えない事もないけど、そんなにギリギリでもし万が一病院行くことになったりとかあったら大変じゃないですか。

ということで、可能かはわからないけれど賭けに出てみたのです。
 





 
 

その賭けとは、大家さんに連絡して今の状態を伝えて、

 

「保証金を返して貰う時に最後の2ヶ月分の家賃を引いて返して貰えませんか」と交渉する事!
 
 
 
 
韓国でワンルームに住む時は、保証金というのが必要になってくるのはもう何度も記事に書いているのでご存知かと思います。

大体500万ウォン~1000万ウォン(日本円で50万円~100万円…)なので契約が終われば全額戻ってくるとはいえ、

留学生のみならず全国の学生達が両親や親戚にまで借りて何とかまかなうこの保証金。

 

前に記事を上げて大好評だった「私が韓国で住んだ今までの家の家賃」の記事でも書いたように大体がそのくらいの保証金でしたよね。

在韓6年目、私が韓国で今まで住んだ家の家賃を大公開。

 
大家さんによるんですが、保証金を高くすることで家賃が少し安くなることもあるので、保証金が結局は戻ってくることを考えたら家賃値下げ交渉もありだと思います。
 
私の知り合いは、家賃の高い江南エリアに住みたいけど高い…ということで親戚に借りて保証金を3000万ウォン、家賃を30万ウォンにして貰い住んでました。

 

まあ、そんな感じで大家さんに「今預けてある保証金から家賃を2か月分差し引く」交渉をしてみたわけですが、大家さんからすぐ電話がかかってきて。
 




 
大家「事情はわかったけど、でも元々契約より早く出ていくことになってたでしょ?その時に2ヶ月分の家賃を払ってから出るから、少し早く部屋を出ていくのOKにしたんじゃなかったっけ?」

 

私「そうなんですが、どちらにしろ500万ウォンの保証金を返して貰う時に家賃分除いて返して頂いてもアジュンマにいくお金は同じだと思うので、こうして頂くことはできないかなと両親が頼んでほしいとのことで頼んでみました()」

 

 

(こういう交渉をする時に、嘘でも親というワードを出す事で、外国人でもちょっと融通がきいたりします。←)

最初家を契約する時も不安だったので騙されたり詐欺られたりしないように、不動産で無駄にめっちゃ両親というワードを使って、韓国に知り合いがいるアピールを結構してました(笑)

 

 

そんな感じでお話すると、

 

 

大家「あーそういうことね。じゃあ、出る時の掃除代とか電気代溜めてないかとか全部計算して、それを含んだ保証金を返すってことにするからまた話し合おう」

 

 

という感じでスムーズに話が進み、無事

 

 

 

★交渉成立★

 

ありがとうございますありがとうございますありがとうございますありがとうございます大家さーん!!!

当時はレートも良くなかったし、本当に助かりました。

 

そして結果的に、最後にきちんと保証金500万ウォンから2か月分の家賃と、光熱費なんかを引いた額をしっかり計算して、その通りの金額が返ってきました。本当に良かったです‥・!

 

後後韓国人の友達にこういう方法で家賃払うようにしてもらったよと話したら、「良い方法だったんじゃない?保証金そういう時のためにあるもんだしね」と言われました。

実際大家さんとかって、保証金を銀行に一時的に入れて利子とかで儲けたりしてるので、返す額が減るっていうのはよほどお金に困ってない限りは大家さん的に好都合な場合もあるんだそう。

もしこういう事があったら、大家さんにもよるかもしれませんが(大家さんが家賃のみで生計を立てている方であれば厳しいかもしれませんが)一度交渉してみるのもアリ!だと思います!




そしてその日、最強に金欠だった私にとって嬉しいものが家の廊下に置いてありました。

 

「引っ越したので余ってしまいました持ってって飲んでください」

 

 

水ぅうぅぅぅううぅぅうううう!!!

 

 

韓国は日本のように水道水が飲めないので、沸かして飲むか定期的にミネラルウォーターを買うか、浄水器を買うかなのでこの時本当に幸せの連続で嬉しかったのを覚えてます(笑)

有難く頂きました。
 
前、下宿に住んでた時にアジュンマが「昔は下宿とかに住んでる学生同士韓国人だろうが外国人だろうがみんなでいろんなもの分け合って暮らしてたのに、最近は冷たくなったねえ」と言ってたのを思い出した瞬間でした。
 
 

それでは次の記事でお会いしましょう、さらば!

 

Instagramは下から飛べます↓

 

 

私はいつも海外に行く際は一番安いホテルをトリバゴから探しています、おすすめ。

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

こりあゆ。1993年6月11日生まれ。海外生活7年目、韓国生活6年目。2009年冬16歳の頃、韓国語を独学で勉強し始め半年後高校の夏休みを利用し1カ月短期留学。それからも独学で中高級まで終わらせ、高校卒業後18歳で渡韓。2012年9カ月間延世大学語学堂に通い卒業、2013年キョンヒ大学に正規入学し文化コンテンツ学専攻。夏休みを利用しフィリピン短期留学や、大学を休学しカナダ留学を経て、現在韓国で4回生をしています。