色々あった時期を乗り越えた日記。(引っ越し、会社の事、パニック障害…)




みなさんこんにちは、こりあゆです!

実はこの記事、2月頃に書こうと決め、3月にはあげるはずだったのが…いつの間にかこんなに日が経ってしまい5月になってしまいました…。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

自分的には毎日すごく忙しく過ごしていて、一週間が一瞬で過ぎて気付いたら週末、そして気付いたら月曜日、という毎日を繰り返しています…!

スケジュールでいえば4月がとても忙しかったのですが、精神的に辛かったのは2月頃でした。

私がインスタにも書いていたように(笑)今日もすぐに過去になってしまうものだよな~と再確認するこの頃です。

ただの日記ですが、3カ月くらい前自分も気付かないうちに結構ピークなくらいのストレスを抱えていて、色んな出来事を無事乗り越えたのでここに書き留めておきたいと思います…本当にただの日記です(笑)


遠くへの引っ越し、本当に色々大変だった件

当時ブログ記事にもしましたね。フェギ内で引っ越しは沢山した事のある私でしたがフェギから1時間以上離れた場所に引っ越すのは新村に住んでいた頃ぶりです。

働きながら少し距離のある所に引っ越すとなると、不動産を転々とする時間もなく…とても対応が良かったのですぐに不動産を決めてしまったのですが

もう少し時間的に厳しくなったとしても見れば良かったのかな~と思いました。もう不動産とのトラブルはこりごりです(笑)

【韓国生活】不動産に仲介手数料をぼったくられそうに…。仲介手数料計算方法教える!

手数料はぼったくられそうになるわ(詳しくは上の記事参照)、

前の家の大家さんは引っ越してから一度も会った事がなくレスポンスも遅く500万ウォンの保証金を前日に返してくれるのかすごく不安だったし(もちろんきちんと計算した明細までムンチャでくれる程しっかりしてはいましたが…)

引っ越し先の大家さんはとても良い人だったから良かったけど、そもそも部屋の整理に物凄く時間はかかるしで(引っ越しの様子はYouTubeへGO!)

こういう時に韓国に彼氏でもいてくれたらと本気で思っry

職場が江南エリアにあるのですが、家が今ソウル大学入口付近なので一応アクセスは良くなったものの2号線の人の多さは地獄だし毎朝毎晩潰れながらの出勤退勤…の毎日です。

ソウル大学入り口も気に入ってるので問題はないのですが、歩いて学校に通えていた、フェギでの生活は恵まれていたんだなと改めて思いました(笑)

 

職場の先輩の急な退職

本当にびっくりしたのですが、私に直接業務を教えてくれ、私の仕事にも直で関係のある先輩が、

いきなり退職。

まだ試用期間が終わり正式に正社員になって間もなかった頃だったのに、いきなり業務の引き継ぎをされる事になったのですがその期間がほんの2週間あるかないかで(笑)

退職する理由はみなさんそれぞれあると思うので仕方ないんですけど、せめてもっと早く言って欲しかった…( ;∀;)これが一番きつかったかなぁ。

退職されてからは今までの業務にプラス、新しい人が来るまではよくまだ内容が掴めていない先輩の業務を引き継ぐ事になって、

会議で報告をするのも数時間かけて心臓バクバクさせながら準備して(笑)業務に慣れて理解するのにとにかく必死でした…。

あの時本当に辛くて、毎日夢で会議の準備をしていたのですが(笑)今ではもう良い思い出です…最近ではあの過程があってこその今だと思えるし、今はきちんと自分から質問し、レスポンスも出来るようになってきましたし…そう、いつかは思い出になるんですよね~(笑)

就労ビザの準備に法律事務所が手間取る

就職について、そしてビザについても書くと言いながら下書き保存ばかり増えて完成出来ていないのが本当に申し訳ないのですが…

詳しく別の記事で書くつもりなので一言で言うと、韓国で働くための就労ビザの発行はハードルが高いです。

発行の条件も厳しいですし、会社が準備する書類も多く記入の仕方にもいろいろあるらしく、会社だけで準備した友達が何人も失敗しています。

その為私は会社を選ぶ際、

絶対にビザ発行経験があり、法律事務所に書類準備を委託してくれる会社で選ぼうと思っていました。(法律事務所に委託をすればプロのため自分さえ条件を満たしていればほぼ100%ビザが出ます)

そしてそんな会社に入社し、ビザ問題は安心しきっていたのですが…なんと新しく委託したという法律事務所が、本当に申し訳ないけど、こんな言い方して本当に申し訳ないですけど、

 

無能でした。

 

口悪くてごめんなさい、でも言わせて、あれはないわ。酷すぎるわ。←

本当にプロなの?というような対応で…また書きますがそんなこんなで普通1~2週間で準備から申請まで終わるのが普通なのに、この人たちのせいで準備だけで1カ月半もかかりました…。

どうやらオールドな所に頼むとこういう事がしばしばあるらしい…。

それを待っている間、何が辛いって法律事務所が言う事を変えてくるので不信感しかなく、自分で1345に電話したりしながら本当に相手の言ってる事が合ってるのか確認しながら過ごしていた事でしょうか。(会社はそんな人らにお金払ってたなんて…)

会社は最善を尽くしてくれましたが、私が申請した時はビザ専門の社員さんがおらず私の方が周りの友達を通して情報を得ていたので言わないと動いてもらえなかった点は辛かったですTT

(逆に言えば心配性すぎる私が調べたりしてきた事を言うと、面倒がらずきちんと動いてくれたのは有難かったので今は感謝してますがTT)

ビザが無事発行されたときは本気で泣きそうでしたね…w

 

軽度の不安障害・パニック障害と診断される

いやー、自分でも本当にびっくりしました(笑)まさか自分が・・・と。

ブログに書くかどうかも迷っていましたが、今大分良くなったのでもう書く事にします。

この上でお話した事らが全て重なって、自分でも気づかないうちに結構なストレスを抱えていたのか、いつからかなんだか座っていても地に足がつかないような、たまにふわふわ怖い感覚に襲われていました。

何なのかよくわからずにいたある日、

満員電車に乗っているといきなり周りに人がぎゅうぎゅう詰めに乗っていて身動き取れない事が無性に苦しく感じ、今すぐにでも降りたいのに電車が走っていてドアが開かない事に異常な恐怖と息苦しさを感じて、その場に座り込んでしまいました。

その場にいた同僚には、暑くて貧血になったのかもと伝えましたが、あれは貧血の感覚ではなかったし、

よく考えたら引っ越した当日も同じ感じになってすぐに外に飛び出し、そして業務中もたまに自分が自分でないみたいな、何を考えたらよいのかもわからなくてわぁあああとなってしまう感覚…?

これがパニックというものなのか…と思いましたTT

調べてみるうちに、これは普通でないなと思って初めて精神科を受診…診断をきちんとするには、健康上に問題ないかの検査も再度しなければならず今の所は軽度だろうとの事で薬を処方されました。

ちなみに韓国で精神科って、精神健康医学科というんですね、初めて知りました!

薬はパニックになったら飲んでねと言われたんですが…遅くね←

これを書いている今は、会社でそうなる事もなく落ち着いているので薬は飲まずに済んでいます。多分私生活の状況が落ち着いたからじゃないかなあ…と思います。

ただ電車は満員電車に乗るたび、あの感覚になりそうになるので上着を脱いで人が沢山乗っている事やドアが閉まってる事を考えないようにしてなんとか乗り切っています><

今は良くなったのでよかったな~あの時の自分は、自分でないみたいでどうなるんだろうと怖かったです…

少し合わない気がする…と思いながらやっていた業務内容も、会社の先輩に正直に私がもう少しこういう方向でやっていきたい、と正直にお話すると出来るだけ合わせられるようにと考えて下さったのも有難かったです><


と、こんな感じで…これらの事が重なって結構しんどかったのがもう約3カ月も前とは…本当に社会人になってから時間が過ぎるのがあっという間すぎて怖いくらいです;

3カ月も過ぎてみると、結構状況が変わってだんだん自分のやれる範囲もわかるようになって、頑張り方もわかってきました。

そして何より会社の人が良い人達なので本当に良かったです…!これで会社で人間関係とか悩んでたらもうわし大変な事になってたんじゃww

デザイナーさんがたまにササッと絵を描いてくれるんですが、私を描いてくれる度まゆげがすごく濃いんですよね。

眉毛の主張…

今までそこまで気にしてなかったけど、わし眉毛濃いんだろうなあ~と絵を毎回見ながら思ってます(笑)

というわけで、とりあえず色々あるけど生きています。

YouTubeの方も頻度は上げられずにいるものの、1週間に1度(たまに2週間に1度…)くらい更新しているので良かったら見て頂けたら嬉しいです♥

それではさらば!




ABOUTこの記事をかいた人

こりあゆ。1993年6月11日生まれ。海外生活7年目、韓国生活6年目。2009年冬16歳の頃、韓国語を独学で勉強し始め半年後高校の夏休みを利用し1カ月短期留学。それからも独学で中高級まで終わらせ、高校卒業後18歳で渡韓。2012年9カ月間延世大学語学堂に通い卒業、2013年キョンヒ大学に正規入学し文化コンテンツ学専攻。夏休みを利用しフィリピン短期留学や、大学を休学しカナダ留学を経て、現在韓国で4回生をしています。