スペイン人が汚い筆跡を例える時「何それ日本語?韓国語?」と言うらしい。




 こんにちは、こりあゆです。

(この記事はカナダ・トロントに居た時に「こりあゆぶろぐ」に書いた記事を編集しています。もう1年半も前の事だなんて…時間が経つのは本当にあっという間ですね…!)

 

トロントはもう朝の気温が1度で、郊外では雪が降ったみたいでそのあたりから通ってるブラジル人達は「人生で初めて雪を見た!」と超喜んでましたが(可愛すぎ)

私的にはこれからもっともっと寒くなるのかと、ドン引きです(^ν^)韓国ソウルのマイナス11度を上回るなんて考えられない…

{C2AF2F39-44DD-4899-B451-B7E362C84BF3}
 
全然関係ないですがこの写真の私、幸せそうですね。
 
スズメですら可愛くて、特にトロントのスズメ、なんか丸っこくて太ってるのでぽてっとしていて可愛いんです。いつも見とれちゃいます。鳥大好きだな〜

 


 

 

さて、タイトルの話。

 

この間授業中にたまたま出た話だったんですが、スペイン人の友達と、似てる言語について話していたんですね。

スペイン語とポルトガル語はもう単語が似通いすぎて聞いたらある程度予測出来てしまうくらいに、そして色んな部分で英語にも似てるのは有名ですが、

 

 

だからこそ彼らにとってはアジア圏の言語というのはまるで未知の言語なわけでして。

 

 

特に私が日本語と韓国語が話せて、中国語もちょびっとだけ知ってる(全然ですが、本で独学でかじっていた時期があって、中国人のクラスメイトに単語を言って驚かれているのを見られていたため知ってると思われた)ということで、

 

 

「アジアの言語は文法だけじゃなくて文字も全く違うし全く習得出来る気がしないんだよね、だってその3ヶ国語全部文字自体違うわけでしょ?

 

 

と言われて、うーんこちらからしたら似通ってる部分も多いのだけども厳密に言えば違うといえば違うよなあ…。とか話していた時、

私は衝撃的な事実を知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だから、スペインでは皆筆跡が汚くて読めない字とか書いてる人に冗談で、えっ何それ日本語?韓国語?中国語?wwwwwwwwww って馬鹿にするんだよ、読めないっていう意味で!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ぇえええぇえええぇえええぇEhhhhhhhhhhhhhhhhhehhhhhh

 

いやしかし私はここでピンと来た。

 

 

 

そういや字の汚い男友達(本当にミミズみたいな線でしか書けなくて誰からも読めないと言われていた)に冗談で言った事があったのよ。

 

 

「何それアラブ語?」

{396A51D0-4FC3-4DEA-87C2-41FA1819A070}

 
 
そういうことね!!!!!と、無駄に納得して「日本ではそれアラブ語とか言うかも(私だけ)」と言ったら爆笑してました(笑)
 
 

そこでカナダ人の先生が回って来たのでこの話をすると、

 
 

「僕らはね、ロシア語とか言うよ、それ」

 
 
どこの国でも勝手に筆跡の汚さを未知の国の言語に例えるというのは同じである。

(アラブ語とかお前だけだよと思った人、すみません。)

 
 
もちろんジョークで言ってるだけだし、その国の言語を何か馬鹿にしたりしてるわけではなくて読めないというのを例えているだけです!
 
 
面白いな〜と思いましたね。
当たり前の事ですが、同じ人間なのに、言語もですが性格の違いなんかもはっきりしていたりして、
 
全くの別世界にいる人達に会ってる気分で、出逢った事で何か自分にも変化が生まれたりするのでとても楽しいです。

自分的にはずっと留学生活をしてきて外国人と会話をするのは慣れてるつもりだったのですが、

{5919F608-C860-41FE-8FDA-742E55FA598A}
 
韓国で出逢った外国人学生はほとんど中国やベトナム、モンゴルなどアジア圏からばかりだったので
 
(語学堂はまたちょっと別ですが、大学に入学した正規留学生であまりアジア圏以外の学生は見かけません。いたら、皆不思議がって見ているくらい。)
 
また違った国籍を持った人達と沢山関わるようになって違う見方が見つけられたりして。
 
机の上で学ぶ事だけが留学じゃないな〜と改めて思います。

全ての出逢いに感謝したいです。

それでは次の記事でお会いしましょう、さらば!
 
 

Instagram久しぶりに更新しました!下から飛べます↓

 

 

私はいつも海外に行く際は一番安いホテルをトリバゴから探しています、おすすめ。

 




ABOUTこの記事をかいた人

こりあゆ。1993年6月11日生まれ。海外生活7年目、韓国生活6年目。2009年冬16歳の頃、韓国語を独学で勉強し始め半年後高校の夏休みを利用し1カ月短期留学。それからも独学で中高級まで終わらせ、高校卒業後18歳で渡韓。2012年9カ月間延世大学語学堂に通い卒業、2013年キョンヒ大学に正規入学し文化コンテンツ学専攻。夏休みを利用しフィリピン短期留学や、大学を休学しカナダ留学を経て、現在韓国で4回生をしています。