ビザが取りやすくなる外国人用無料の韓国語授業!日本人があまり知らない『社会統合プログラム』




みなさんこんにちは、こりあゆです。

最近SNS(特にInstagramのストーリー)で私が週に1度授業を聞いているのを見て「大学を卒業したのに一体何の授業を聞いているんですか~?」とよく質問を頂いていました!(質問になかなか答えられなくて申し訳ないです;)

実は私は今、申請さえすれば外国人が無料で受講出来る「社会統合プログラム」というプログラムを受講中です!

このプログラムはビザを所有して韓国に滞在している外国人なら誰でも無料で受講出来、

韓国語が初級~中級までの方は「韓国語の授業」を、韓国語が中高級~高級の方は「韓国社会の理解」という授業を受講することになります。

もちろんただ授業を聞いて知識を増やしたいという目的でもOKですが、このプログラムは韓国の法務部が運営している公式のプログラムで、

受講する事によって帰化する際や、居住ビザ等点数制の特定のビザのための点数の大幅アップに繋がりビザが取りやすくなるという利点があります。

もちろん受講し、決められた時間、決められた出席率で出席し、最終的に面接&筆記試験に合格しなくてはいけないのですが知っておくとかなり良いプログラムなので皆さんにシェアしたいと思います^^

 


 

社会統合プログラムとは?

まず簡単にプログラムがどんなものなのかを簡単に説明します。

社会統合プログラムは韓国の法務部が運営しているプログラムで簡単に言うと「韓国に何らかの目的でビザを所有し滞在している外国人が少しでも韓国という国に馴染めるように」と作られたプログラムです。

韓国語のレベルが初級~中級の人は100時間の「韓国語と韓国文化」の授業を、中高級~高級の人は50時間の「韓国社会の理解」という授業を受講する事になります。

受講費用は一切かかりません(教材費用のみ自費8000~9000ウォン程度)

大体2~3か月をかけて受講し、授業の曜日や時間帯、場所はいくつかの選択肢の中から選ぶ事が出来ます。

平日の夜間に週3回、3時間くらい行う授業スタイルもあれば、私が聞いている授業のように週末週1回、一度に7時間の授業を行うスタイルもあるので自分の生活スタイルに合わせて受講する事が可能です!

 

プログラムの申請方法

このプログラム自体は運営されてかなり長いはずなのですがあまり外国人に知られておらず、特に日本人には本当に一部にしか知られていないように思います。

そのため情報を得るのが非常に大変で、申請するのに二度手間を食らってしまったのでその事も皆さんが同じ失敗をしないように(笑)書いておきたいと思います。

まず一番最初にしなくてはいけない事は、法務部社会統合情報網公式ホームページの会員登録から。必ずパソコンから行って下さい!→こちらから飛ぶ事が出来ます。

確か日本語表記はないのですが、右上の会員登録を押してそのまま表示されるままに登録すればOKです。そんなに難しい事はありません。

 

登録が済んだら、次は申請なのですがここで注意!

このプログラムの申請が出来る期間は1年に2~3回程しかありません!

次に申請が出来るのは多分年末年始頃だと思うので、申請期間はホームページでしっかり事前に確認しておく必要があります。1度逃したら次は数か月後ですから…!

申請期間でない期間は、申請ページに飛んでも何も出てこないのですが申請期間になると申請ページから「事前試験の申請」が出来るようになります。

このプログラムは、自分でどのクラスに行くか選べるわけではなく「韓国語テストの結果」によって0段階~5段階に振り分けられます。(私は今5段階の授業を聞いているため、色が付いた表示になっています)

試験を受けなければ、自動で0段階に振り分けられてしまうという事だったので、とりあえず試験の申請はしたのですが…。どうやらTOPIKの成績表でこの試験が免除になるというではないですか。

このプログラム、申請してしまえば後は楽なんですがシステムがわかりづらく、申請が出来ているのかもこのあとどう進行していけばいいのかもきちんと案内が出ているわけではないので非常にわかりづらい。

そこで1345(出入国管理事務所)に電話をしてみると、

ホームページからやる必要があるのは「会員登録」と「事前試験申請」のみで、あとは申請期間内に社会統合プログラムの管理を行っているオモッキョの方の出入国管理事務所に行かなければいけないとの事。(世宗路の方では申請が出来ないため注意!)

ただ1345でもこのプログラムについては詳しく知らないので、1345から直接管理している事務所の連絡先を教えてもらい、TOPIKの成績表で事前試験を免除にしたい事を話すと、

「とりあえず事前申請をしておいて、TOPIKの成績表と外国人登録証を持ってくるように」との事だったのでその通りにして行ったら、とんだ間違いを教えられていて、なんと事前申請の申請をした状態だとTOPIK成績表の受理が出来ないから受講申請前日なら受理出来る、また来てくれとの事。(いい加減にしてくれオモッキョ1時間以上かかるんだぞ(怒))

という事なのでTOPIKの成績表で試験を免除にしたい皆さんは、上のように案内されても事前試験申請をせずに持ち物を持ってオモッキョに向かって下さいね!

また、出入国管理事務所に行く際に予約はしなくてもいいと言われたのでそのまま1階の受付に向かうとどうやら普段ビザ申請を行っている場所ではなく、

確か…3階だったかな?の、別の事務室に行かなければいけませんでした。特に待ち時間もなく、申請自体はあっけなくすぐに終わります。

申請用紙を貰って記入して提出物を提出したら、これで完了です!

整理すると、

申請期間中申請前にホームページでやるべき事:会員登録(TOPIKの成績表が無い、または有効期間が過ぎている方は事前試験申請を必ずする事)

申請期間中に出入国管理事務所に出向いて提出する物:外国人登録証(無い人はパスポート)、TOPIK成績表、申請書(行けば事務室で貰えます)

 

さあここまで終わったら、後は受講申請です(まだあるのか)

受講申請期間は確か場所によっても変わるのですが、大体1週間程だったかと思いますが、私は大学の時の受講申請があったので受講申請の始まる夜中12時にスタンバイ。

そしたら、なんとサーバーが混んでいて1時間以上入れない状態が続きました。これは予想外!

でも結局申請は余裕で出来たのでサーバー自体が弱いだけでそこまで競争率は高くないと思います。ただ人気のある学校はやはり早く席が埋まるので、早く申請するのに越した事はないです。

私は未だにフェギ住みのため、本来ならキョンヒ大学であれば良かったんですがなかったので絶対外大希望でした(笑)外大は人気があるので申請出来て本当に良かったです!

これで申請は全て終了、長かった~(笑)

授業の履修過程

0段階のみ15時間、1~4段階は100時間の韓国語と韓国文化の授業を、5段階は50時間の韓国社会の理解の授業を聞くのですが、

私は帰化希望ではないので基本過程しか聞きません。帰化希望の方は試験に合格後更に20時間聞く必要があるんだそうです。

私達の場合は、確か43時間(?)以上聞かないと履修した事にならないので1日以上欠席したらアウトなようです。

 

私の聞いている基本過程の「韓国社会の理解」の教科書はこれです!

それにしても吃驚したのが、授業に関する案内が事前に全くなかった事。(ホームページを後日よくよく見たら一応案内が書いてありました…がメール等で当日の案内はゼロ)

無料で授業を受けさせてもらっているので仕方ないんですが、教科書の案内すらなく初日はほぼ全員教科書を持ってきていなくて、初日だけは全員コピーをもらえました。

教科書は近くの書店には無さそうだったので、私が誘って今一緒に授業を聞いている友達と一緒にネットで買いました!

授業のある教室などの案内は前日までにマイページの受講欄から確認出来るようになっています!

 

授業の内容や雰囲気、生徒の国籍

さて授業はというと私の場合は週1で1日にまとめて7時間聞く(10時~17時)コースにいるため、1日で約7課程授業が進みます。

韓国語の授業を聞く過程ではなく、韓国社会を学ぶコースにいるため発言の機会がそんなに多くなく、ディベートをしたりする事がないので参加型の授業ではないのが少し残念でした。

お昼休憩があるので実質6時間程度、先生も早く終わらせようと努力はしてくれるもののずーっと話を聞いているのは結構眠気が疲れたりします…が、

授業の内容自体はすごく楽しくて、それでいてめちゃめちゃタメになります!

外国人が韓国に住むにおいて知っておいた方が良いような情報も本に書かれていたり、韓国に住んでいる身として知っておくべき国の基礎知識や、韓国の歴史を韓国目線で教わったり(先生はプロなので統治時代の事も日本人が気分を害さないような説明の仕方をしてくれましたが)

ビザ云々を抜きにしても聞いて良かった!というような授業内容でした。

そして最近臨時で先生が変わった日があったのですが、先生によっては本にない豆知識なんかを教えてくれたりなんかもするので凄く楽しく聞けています(笑)この間ツイートしたのもこの授業で聞いた事と調べた事を元にしました。

D4ビザで語学堂に通っている方にも是非おすすめしたいです。

語学堂はお昼までなので知っていたら、夜間や週末にでも通っていただろうな~と思いますし何より韓国語で何かを学ぶという事を大学に入る前の予行練習のような形で出来るのでとても良いな~と思いました。

それと驚いたのが、生徒の国籍の多様さ!

私のクラスの学生は全部で30人超えくらいですが、なんと17か国の国籍の方が集まっているという事で吃驚。ほとんどがアジアだと思っていたら、韓国で出会った事のない国籍の方(カメルーンなど)もいて不思議でした。

ほとんどが韓国で働いている方や結婚して住んでいる方、あとはちょいちょい韓国の大学や大学院に通う学生がいるという感じだったので韓国語は基本的に皆さんペラペラです。

皆さん韓国で様々な環境、立場で外国人として頑張っているんだな~と思うと、私も頑張ろう!と思えました。

授業の雰囲気は動画の方がわかりやすいと思ったので、YouTubeの方にも同時に動画を上げました!もし良かったら平行してこちらもご覧下さい~!

 

私は後1回授業を受けたら修了となり、数週間後に面接&筆記の試験を受けて合格すれば全て完全に修了となります!

試験の難易度はそんなに高くないとの事なのですが、また試験の事は終わり次第記事にしたいと思うのでまたしばらくお待ち下さい~!


 

今回の記事や動画は、少しマニアックすぎてあまり需要はないかなと思ったのですが(笑)韓国に住んでいたり留学予定だったりする方にはかなり!有益な情報かなと思ってほんの数人でもためになればとシェアしました。

日本人だけでなく外国人にとって良いプログラムなのにも関わらず認知度が低いので、どんどん拡散して頂けたら嬉しいです!

※先生曰くこのプログラム自体のシステムが少し変更になる可能性があるとの事で、来学期から有料化する話や、授業を無くして試験だけ受けるシステムになる話が出ているそうです。

そう言いつつ変わらない事もある韓国なので(笑)まだ確実ではないですし、興味がある方は申請期間を調べた上で1345に連絡してみる事をおすすめします。

私も何かわかり次第追記として情報を追加したいと思います。

それでは皆さん次の記事でお会いしましょう、さらば!

 




ABOUTこの記事をかいた人

こりあゆ。1993年6月11日生まれ。海外生活7年目、韓国生活6年目。2009年冬16歳の頃、韓国語を独学で勉強し始め半年後高校の夏休みを利用し1カ月短期留学。それからも独学で中高級まで終わらせ、高校卒業後18歳で渡韓。2012年9カ月間延世大学語学堂に通い卒業、2013年キョンヒ大学に正規入学し文化コンテンツ学専攻。夏休みを利用しフィリピン短期留学や、大学を休学しカナダ留学を経て、現在韓国で4回生をしています。